いつも空を見ていた

2005年 03月 20日


〔2002年の塵埃秘帖4月号から〕

好きだった人
いつも空を見ていた
飛行機雲が見えたら家まで電話をかけてきた
おまえの部屋の窓からも見えるかーって尋ねた
いつも空を見ていた

好きだった人
夜になっても空を見上げていた
星の名前なんか知らないけれど
天文学者になりたいなとつぶやいていた

いつからかわたしも空を見上げるのが好きになっていた
言葉に詰まるとそっぽを向いて空を見た
いつも青空ばかりじゃなかったけれど
そんないくつもの顔を持った空がわたしは好きだった


雨がやんで小鳥がさえずりはじめると
緑の新芽を精一杯に吹き出した森の雑木たちが
ざわめき出すような気がした

峠には木霊が棲んでいた
太陽が差し込み
雨のしずくがきらりと光った

あいつはいつものように空を見上げて言った
別れのときが来た
新しい道を歩もう

空は青く
飛行機雲さえなかった

---

【回想】

これを書いたときに、私はひとりのオンナを思い浮かべていた。
決して実話から書いたものではないし、そんなにロマンティックな女であったわけでもない。
こういうことを書きたくさせてるような、可愛い奴だった。
そう、、、何処かの遺跡の壁画の鳥のようなシルエットを持った子だった…。