いつかきっと・・・  

2005年 08月 28日


銀色夏生の詩集「散リユク夕ベ」

あの詩集は、
或る女の子が私と旅を始めた最初の日に
私にくれたものだ。

私たちは、
乱れ、縺れながらも
もっと遠くにある
未知な街まで旅しようと
誓い合っていたのに

詩集のページをめくったらそこは真っ白のページだった
・・・みたいな顛末で
憎みあい
罵り合い
別れてきたのだった。

そう
それが伝説の
みちのくの別れのひとコマで

そのシナリオを完成させたら
君に真っ先に見せたいけど

僕がドラマを終わらせようとしないから
尻切れトンボのままなんです。

(ねぇ、何処にいるの?)