沙羅双樹ぽたりと落ちて雨よ降れ

2007年 06月 22日


大粒の雨が容赦なく振り続いていた。

旅の途中の山あいの村落の、小さな庇がある作業小屋の軒先で、雨が上がる時間を送ったことがあった。

鉛色の雲が山を覆い尽くし、稲光がときどき弾けるように光ってみせる。

垣根の脇に沙羅双樹の花が咲いている。
となりに、ムクゲの花も咲いていた。

そう、

あの子が昔、「ムクゲが好きだ」と言っていた。

盛者必衰のことわりをあらわす、か。
まさに、そうだったな。