1 どうして「居酒屋・鶴さん」なの? 2004/8/15
2 ふたりでドアを閉めて 2004/8/15
3 翼をください 2004/8/20
4 二人して流星になる 2004/9/2
5 京都の秋の夕暮れは 2004/11/17
6 終バスを見送る二人のあかね空 2005/4/24
7 ときめきを胸に夜汽車は北へゆく 2005/4/24
8 夕焼けや想いが胸に突きあがり 2005/4/24
9 1通の手紙で祭りが終いなり 2005/4/24
10 ダイアルの音が余韻に消える夜 2005/4/24
11 大都会しんと静まる暑い夜 2005/5/29
12 ざわめきが消え行く街に星はなく 2005/6/15
13 路地裏やネオンのはてにゆく二人 2005/8/3
14 キスもなく別れる夜に星はなく 2005/9/13
15 うつむいて季節はずれの寺の道 2005/10/10
16 晩秋の一番星は願い星 2005/11/2
17 木枯らしがステンドグラスを揺する夜 2005/11/30
18 I Can't Get Started・・・合唱部のこと 2005/12/2
19 ハイヒールこつこつ響く別れまで 2005/12/11
20 終列車ふりむく君のあどけなさ 2006/1/13
21 さよならと何度あなたに言ったやら 2006/1/23
22 ハイジのような人 2006/2/3
23 濡れている姿霞める春の雨 2006/2/25
24 横須賀線… 2006/2/25
25 鎌倉へ、、、 2006/3/16
26 別れの風景(1) 【カットバック】 2006/3/16
27 出逢いの風景(1) 【カットバック】 2006/3/16
28 出逢いの風景(2) 【カットバック】 2006/3/16
29 はじめての、雨の鎌倉 2006/3/18
30 約束 2006/3/28
31 別れの風景(2) 2006/3/28
32 桜の花の散る四月に 2006/4/22
33 五月、京都で… 2006/5/4
34 9時半・その時刻には… 2006/5/25
35 木屋町 ソアレ 2006/7/1
36 このときのあなたは 2006/7/20
37 サヨナラと三回ゆうたら夕焼け 2006/7/27
38 東北は遠いところでした・・・・ 2006/8/16
39 幻の旅 ― 東北 ― 2006/8/30
40 幻の旅 ―東北― 2 2006/9/24
41 幻の旅 ―東北― 3 2006/10/5
42 幻の旅 ―東北― 4 2006/11/1
43 幻の旅 ―東北― 5 2006/12/6
44 幻の旅 ―東北― 6 2006/12/16
45 幻の旅 ―東北― 7 2007/1/5
46 幻の旅 ―東北― 8 2007/2/5
47 消し歩く。ふたたび東北 2007/2/26
48 号外 消さねばならないもの 2007/3/7
49 名もない峠にて 2007/7/3
50 名もない峠(2) 2007/7/21
51 いつもそこに夕焼けがあった 2007/8/4
52 喫茶・コリン 2007/8/20
53 たあいない夢なんか とっくに切り捨てたきみ 2007/9/16
54 秋の夜や子どものように駄々こねて 2007/10/12
55 駄々のあと慰めるかのように終列車 2007/10/14
56 離散した欠片 2008/3/8
57 別れの断章 (号外) 2008/3/19
58 終章 その1 2008/3/21
59 終章 その2 2008/3/30
60 終章 その3 2008/4/10
61 終章 その4  −ネオン消えバンダナ赤し夏の夜− 2008/4/12
62 それは広くて深い湖の底に沈んだ泥に埋もれた宝石箱を探すようなものだ 2008/10/29